何故か日本人バックパッカーは変な楽器を演奏しだす

シャワー浴びてるかな?って心配になる小汚い雰囲気の日本人長期旅行者が、芝生にポツンと1人座ってさっきから何時間も名前の分からない楽器を奏でている。

これ、キャラバンパークとかゲストハウスでよく見かける光景です。(代々木公園とかにもいるけど)
前からとても不思議に思っています。

ヨーロピアンバックパッカーはクラシックギターを持って旅行している人をたまに見かけます。
コリアンや台湾人はあまり楽器を旅行に携帯しているイメージがありません。
スマホで自国のポップミュージックを楽しんでいます。

もちろん大半の日本人は楽器を持っていっていないんですが、たまに持っている人を見ると、得体の知れない楽器であることが多いです。
名前がわからないので具体的に書けませんが、なんとなくアフリカンなマラカスみたいなのとか、ひょうたんみたいな打楽器とか、なんだかスピリチュアルな金属音がするボウルみたいのとか、ヌンチャクみたいに振り回す楽器とか、とにかく見かけたことが無いようなトライバルな楽器です。

単に楽器の練習なのか、悟りを開いているのか分かりませんが、黙々と1人孤独に演奏というか鳴らしているので、邪魔にならないように遠くから見守っていますが、本当は色々と話を聞いてみたいです。

どこで買ったのか、どうして旅行に持ってきたのか、移動中に邪魔にならないのか、空港のセキュリティーで止められたことはあるのか、マリファナに手を出しているのか、どうして何時間もやっているのか、ミュージシャンなのか、暇つぶしなのか、一体何なのか!!!

気になるので教えてください。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルになりつつあります。

とは言え、そんなにしょっちゅう無職になる訳にもいかないので、時間を見つけては妄想全開で旅行プランを練るのが趣味です。
(「終日フリープランを考える会」会長)

次の旅行計画:ボラカイ(フィリピン)へ移住の下見に行きたい!

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る