栗好き必訪!タイ最北端の町メーサイ

つい先日、横浜の中華街に行ってきたのですが、あの焼き栗の強引な押し付け商法が最近は規制されているようで、試食をしても簡単にスルーできるようになっていました。

で、「焼き栗」を見ながら、ふとメーサイという町を思い出したので、ちょっと紹介。

スポンサードリンク

メーサイは、タイ最北端の町で、ミャンマーとの国境に位置しています。
チェンライという北部の町に滞在中、特にやることもなかったので「せっかくだから国境でも見に行こう」と、おんボロバスに乗って向かいました。
オンボロバスの場合はチェンライ~メーサイまでたったの39バーツ(120円くらい?)で行けます。
バス乗り場はどの町も中心地からちょっと離れた所にあるので、中心地に行くにはソンテウに乗り継がなければいけませんが。(たしか一律15バーツ)

  

 

最北端の記念撮影はみんなココで行います。

 

川の向こうはミャンマーのタチレクという町です。
今回は行きませんでしたが、日帰り旅行も500バーツくらい払って簡単に行けちゃいます。

 

今回は国境を見るだけのつもりで、どんな町かも何も知らずに訪れたのですが、意外とお店がいっぱいで栄えていてビックリ。
メインストリートから一本裏道に入ると、休日の竹下通りバリの人ごみがずっと続いています。

 

洋服、カバン、翡翠、仏像、乾物屋さんが多いのですが、中でも圧倒的なのが焼き栗屋さんの数。
一番多いエリアでは10軒くらい連続して焼き栗やさんがあります。
栗の生産地なんでしょうかね?
その場で焼き石で炒っているので、いい匂いが漂って栗好きにはたまりません♪

 

というわけで、栗と国境の町メーサイ、タイ北部に行った際にはついでに訪れて見て下さい。

世界を旅行しながら月収1000万円!

◆無料メルマガ登録であなたもその技を手に入れよう!
今ならメルマガ登録だけで、特典ツールがいっぱい貰えちゃうよ☆

[ 無料メルマガ登録はこちら ]


スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このブログの管理人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルになりつつあります。

とは言え、そんなにしょっちゅう無職になる訳にもいかないので、時間を見つけては妄想全開で旅行プランを練るのが趣味です。
(「終日フリープランを考える会」会長)

次の旅行計画:ボラカイ(フィリピン)へ移住の下見に行きたい!

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る