スペースケーキを食べ過ぎちゃった時の対処法

マリファナ拡大中

今、世界中でマリファナの合法化が進んでますね。
合法とまではいかないまでも、軽犯罪扱いの国も沢山。
イタリア人やフランス人に聞いたところ、「警官に見つかっても注意されるだけだよ」とのこと。
日本でいう、公道でスケボー乗ってたら注意される程度の感覚でしょうか?

マリファナは、タバコやアルコールよりも脳や身体に与えるダメージが少なくて、とても安全なもの。
という認識を持たれるようになってきたので、それが真実かどうかはわかりませんが、多くの国で手にしやすくなってきています。

とはいえ、日本では医療用での使用すら禁止されているので、とても縁遠いモノですよね。
それが故に、日本人はマリファナ・大麻についての知識が全っ然ありません。

どんな形状をしていて、どんな匂いをしていて、どんな接種方法があって、万一摂取して異変があった時にどう対処したらいいのか・・・何も知らない。。。

国際化がどんどん進み、世界中にマリファナが大量に出回り始めている現代において、それでいいんでしょうか???

特に海外旅行が好きな人、留学をする人、ワーキングホリデーに行く人は、思っている以上にマリファナに遭遇する機会が多いので、最低限の対処方法だけでも知っておくことをオススメします。

知らないうちに接種!?

「絶対手を出さないからそんな知識は不要だ」
「知らない方が関わらないで済む。」

って思っている人も多いと思いますが、知らず知らずのうちに接種しちゃうこともあるんですよ。
その代表格がスペースケーキ。
またの名をハッピーケーキとも言います。
細かく刻んだ大麻をバターに混ぜこんで作ったブラウニー等です。
このバターと大麻(カンナビス)を混ぜたものをカンナバター(cannnabutter)といいますが、ブラウニーに限らず、マフィンやクッキーなどあらゆるお菓子に使うことでただのお菓子をハッピーフードに変身させちゃいます。

ちょっとバターに色が付いたくらいなので、見た目にはほとんど変化がありません。
これがパーティー会場に普通に置かれていたら・・・
あなたは普通のブラウニーとスペースケーキの区別が付くでしょうか?

おそらく9割の日本人は、普通のブラウニーだと思ってパクパク食べちゃうと思います。
一部のマリファナ経験者のみが、ちょっとした匂いで、それと気づくことができるでしょう。

 

食べたらどうなるの?

煙を肺から吸うのに比べ、食べて接種するのは上級者向けの摂取方法といえます。
正式な、というか、本来のスペースケーキの食べ方は、3x3センチ角程度の小さなマフィン片を、15-20分くらいかけてチビチビと食べていくものです。
そうすることにより、徐々にふんわりとした心地よさを得ることができるんだとか。

これをスペースケーキと知らずに、あるいは正しい食べ方を知らずに、パクパクと普通のスピードで食べてしまうとどうなるか。
まず、約20-30分後になんとなく笑い始めます。
そして徐々に呂律が回らなくなり、足元もふわふわとおぼつかなくなります。
さらに30分後には、気持ち悪くて気持ち悪くて横になりたくなるでしょう。
まぁこの程度ならいいのですが・・・・・

マリファナを食べちゃった、どうしよう!
私はどうなっちゃうんだろう???

そんな心配する思いが強い人ほど、不安が増長され、パニック状態に陥いっていきます。
私生活にも不安があったり、もともとパニック症状を起こしやすい人等はなおさらです。

頭はクラクラ、動悸も早くなり、汗が出たり、体温が急激に下がったり、顔は青ざめ、震えが生じることもあります。
あまりに不安すぎて、「もしかしたら死んでしまうかもしれない」とさえ思い始めます。

 

HOW TO HELP

もしも友人がそうなってしまったら、以下の方法で介抱してあげましょう。
もし自分がそうなってしまったら、この記事を思い出して落ち着いて行動してください。

・静かな場所に移動して、新鮮な空気を吸わせる
・リラックスできる態勢をとり、横になるのであれば、万一吐いてしまってもいいように、横向きにする
・水を飲ませる(ジュースなど甘い方がいいらしい)
・何か食べさせる(これも甘いものがいいらしい)
・目を離さず、ずっとそばに居てあげる
・不安を消してあげる

 

気持ち悪いと言われても、少しでも何か飲ませるか食べさせるかしましょう。
その方が早く回復に向かいます。

本人は死ぬかもしれないという恐怖と戦っているので、必ずそばにいて落ち着かせましょう。
手を握ったり、頭を撫でたり、触れていてあげるのがベターです。

ドラッグと違い、マリファナは、過剰摂取で死んでしまうということは滅多にありません。
稀にある死亡ケースでも、持病があったり、他のドラッグの併用が影響していることがほとんどです。
長くても7時間ほどもすれば、何もしなくても回復に向かいます。
そのことを言い聞かせて、不安を打ち消してあげましょう。

 

お手上げになったら必ず警察や救急車を呼ぶこと

上記の方法をとっても、なかなか落ち着かず、呼吸困難に陥ってしまっている場合や、パニック症状があまりにも酷く、人に危害を加えたり自傷行為をとったりと、自分の手に負えなくなってしまったら、躊躇せずに警察や救急に連絡しましょう。

パーティーに来ている友達に迷惑がかかる、本人も自分も罪に問われてしまう。
そう思うとなかなか通報できないと思いますが、大切なものは何か、冷静に考えましょう。
こういったケースの場合は、本人も介抱者もマリファナの使用の罪には問わない、としている所もあります。
命の方が大切だからです。

もちろん国によっては重罪ですが。命には代えられませんよね?

というわけで、万が一食べてパニックになっちゃった場合の対処方法でした!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

これ書いている人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルに。
とは言え、そんなに頻繁に無職になるのは生き辛いので、『脱!時給・固定給の自分』を目指してアフィリやHYIPに着手し、会社で働かなくてもやっていける環境を追い求めた人(目標達成してのんびりライフ満喫中)。

ページ上部へ戻る