ラオスでやってみたいこと スリーピングバスに乗る

海外旅行中の移動手段に欠かせないバス。

国によっては本当に安く移動できるのでとても重宝します。
車酔いが激しい私には結構しんどいんですけどね…。

スポンサードリンク

 

で、タイなどでは見かけたことがないのですが、
ラオスでは度々「スリーピングバス」というものを耳にします。

その名の通り足を伸ばして寝れるわけです。
なんだかリッチそうですよね。

走っている区間は主に首都ビエンチャン〜ルアンパバーン。
中国方面の長距離にも出ているようです。

この区間の全てのバスではなく、限られた台数なので
結構数日前でも満席になります。

私たちは途中のバンビエンにも寄りたかったので今回は使わなかったのですが
ぜひ次回はスリーピングバスにチャレンジしたいものです。

動画は一人ベッドですが、知らない人と2人ずつ寝るタイプもあるようです。
揺れる車内で密着する相手が見ず知らずの人っていうのは複雑ですね・・・

 

動画:Youtube 「中国のベッド付き寝台バスに乗ってみたよ / ラオス国境から昆明へ」

 

世界を旅行しながら月収1000万円!

◆無料メルマガ登録であなたもその技を手に入れよう!
今ならメルマガ登録だけで、特典ツールがいっぱい貰えちゃうよ☆

[ 無料メルマガ登録はこちら ]


スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このブログの管理人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルになりつつあります。

とは言え、そんなにしょっちゅう無職になる訳にもいかないので、時間を見つけては妄想全開で旅行プランを練るのが趣味です。
(「終日フリープランを考える会」会長)

次の旅行計画:ボラカイ(フィリピン)へ移住の下見に行きたい!

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る