ラオスでやってみたいこと スリーピングバスに乗る

海外旅行中の移動手段に欠かせないバス。

国によっては本当に安く移動できるのでとても重宝します。
車酔いが激しい私には結構しんどいんですけどね…。

スポンサードリンク

 

で、タイなどでは見かけたことがないのですが、
ラオスでは度々「スリーピングバス」というものを耳にします。

その名の通り足を伸ばして寝れるわけです。
(たぶん今みんなが想像している感じじゃないですw 最後の動画参照。)
なんだかリッチそうですよね。

走っている区間は主に首都ビエンチャン〜世界遺産のルアンパバーンの区間。
そのほかにも雲南省とかの中国方面の長距離にも出ているようです。

この区間の全てのバスではなく、限られた台数なので、高めの料金にも関わらず数日前でも満席になっています。

私たちは途中のバンビエンにも寄りたかったので今回は使わなかったのですが
ぜひ次回はスリーピングバスにチャレンジしたいものです。

動画はシングルベッドですが、ダブルベッド(狭い)で2人ずつ寝るタイプもあるようです。(1人旅の場合は、知らない人と同じベッドで寝るという奇妙な体験を味わえるみたいです)

 

動画:Youtube 「中国のベッド付き寝台バスに乗ってみたよ / ラオス国境から昆明へ」

いやほんとこれは楽しそうだから次は乗ってみたい。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

これ書いている人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、数ヶ月単位の長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルに。
とは言え、そんなに頻繁に無職になるのは生き辛いので、『脱!時給・固定給の自分』を目指してアフィリやHYIPに着手し、会社で働かなくてもやっていける環境を追い求めた人(目標達成してのんびりライフ満喫中)。

ページ上部へ戻る