ガウチョパンツとタイパンツとトイレの謎

最近流行りのガウチョパンツを履くと毎回疑問に思うこと。
みんなトイレでどうしているんだろう?

トイレの話が中心なので、汚くはないですが不快に思う方は他の記事へお願いします。笑

スポンサードリンク

ひらひら舞うシルエットが大人可愛いガウチョパンツ。
足の太さも隠せるし、オシャレに見えるし、一石二鳥なので私もたまに履かせていただいています。

ですが先述の通り、こいつを履くたびに不可解な謎に直面するわけです。
そう、トイレで。

ロングスカートならばガバッとたくし上げて座わっちゃえばいいのですが、一応ズボンなので下げる方向でいかなければいけません。
かと言って普通のズボンの様に下げると、裾(すそ)がふわっと広がっているので、足首で止まらずに地面に着いてしまいます。
綺麗なフローリングならそれでもいいですが、そこはトイレ。
汚いので着地は避けたいところ。
さて、どうしよう。

まずは裾を手で持ち上げて、腰の位置まで上げて、それで・・・この後どうしたらいいんだ?
両手が塞がっている状態で、パンツとかストッキングとかどうやって下に下ろすんだ?
ウェストがゴムタイプのガウチョならばまだ裾をウェストの内側にぐいっとねじ込んで留めることもできるけど、ファスナータイプのウェストの場合はそれも出来ない。
たくし上げてとにかく布をまとめあげて、とりあえず小脇に抱えてみたら、今度はズボン自体を下ろせなくなる。
結局もぞもぞしているうちに私のガウチョは華麗にトイレに着地する。ふぁさっ

みなさんどうしてるんですか、コレ?
もしかして専用ツールとか売ってるんですかね?

キレイ目なトイレだったら大目に見てあげれるんですけど、汚い公衆トイレとかどうしたらいいんですか?

で、これってガウチョパンツに限らず、裾広がりのタイパンツでも発生するんですよね。
東南アジアを旅行するとついつい雰囲気に飲まれて買ってしまうタイパンツ。
紐で縛らないゴムタイプのタイパンツなんかは動くのも楽だし、涼しいし、重宝するので大量に買っちゃいます。
でも実際に履いて旅行するとやっぱりトイレで困る。
しかも東南アジアのトイレは基本的に床が水浸しなんですよ。
桶とかホースとかでじゃぶじゃぶお尻とか洗っちゃうので便器も床もびっちゃびちゃです。豪快です。
ここに着地はなんとしても避けなければなりません!
とは思うものの、やっぱりどうしようもなくて、べちゃっと床に着水・・・。

もう絶対に旅行でタイパンツなんか履かないんだから!って半べそかきながらトイレから出ます。
けど外人さんがカッコよく着こなしてる見てまた履いちゃうんです。笑

誰か正しい脱ぎ方を教えてください! 切実です。

世界を旅行しながら月収1000万円!

◆無料メルマガ登録であなたもその技を手に入れよう!
今ならメルマガ登録だけで、特典ツールがいっぱい貰えちゃうよ☆

[ 無料メルマガ登録はこちら ]


スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルになりつつあります。

とは言え、そんなにしょっちゅう無職になる訳にもいかないので、時間を見つけては妄想全開で旅行プランを練るのが趣味です。
(「終日フリープランを考える会」会長)

次の旅行計画:ボラカイ(フィリピン)へ移住の下見に行きたい!

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る