会社を辞めて、旅に出ます【2017】

今回もまた、ついに決断してしまいました!

会社にも次の派遣更新タイミングで辞めることを告知済み。
早めに後任者を探してもらって、年末までに引き継ぎをしっかり終えて去るつもりです。
さらりと辞められるのが派遣の醍醐味ですね。

出国は12月を予定。
なぜなら、ちゃんと転出手続きして1月1日時点で日本に住民登録がなければ、来年度の住民税を払う必要が無くなるからです。
住民税って貧乏旅行者にとっては痛い額ですからね。

あと海外転出のタイミングで国民保険の支払いもストップになりますし(入っている人は)、年金も免除申請しておけば払う必要がなくなります。(年金は払い続ける事も可能。免除申請は1年しか効力がないので、翌年以降も毎年再提出が必要。)

まだまだ先のことのような気もしますが、色々な準備を逆算するとあまり猶予もありません。

まずは保険証があるうちに、歯医者さんでしっかり歯のメンテいかなきゃ。親知らず抜いておこうかなぁ。
ガン検診とか気になるものも済ませておきます。

そして、出国時には部屋を引き払うので、家電・家具・洋服とかを必要最低限まで売るか譲渡しなければいけません。
前回の旅行から帰ってきてこの部屋で暮らしてたった2年ですが、なんだかんだでかなりモノが増えてしまったので大変そうです。

で、一番面倒なのが、色んな登録サイトの住所情報の変更。
部屋を引き払うので実家の住所などに変更しておかないといけません。
転送届けをだしておけばいいんじゃないの?って思うかもしれませんが、銀行やクレジットカード会社、証券会社など、重要な内容のものほど「転送不要」で送付されるので、住所変更をしておかないと受け取れずに大変なことになります。
なかには情報変更するのに住民票のコピーや戸籍謄本が必要ってものもあるので日本にいるうちに確実に済ませなければいけません。
※クレジットカードの有効期限が近い場合は、日本にいるうちに交換をお願いしたほうが懸命。日本国内の登録住所で本人受取りしか認められないので(たぶん)。

何度か海外渡航先でクレジットカードが使用不可になってサポートに電話したことがありますが、住所を変えてなかったせいで手続きに物凄く日数を要し、電話代も余計にかかって大変だったので、ちゃんとやっておきましょう。

あー、考えただけで面倒くさそう。。。

でも同時進行で旅行プランを練っていくから楽しみの方が100倍かな?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルになりつつあります。

とは言え、そんなにしょっちゅう無職になる訳にもいかないので、時間を見つけては妄想全開で旅行プランを練るのが趣味です。
(「終日フリープランを考える会」会長)

次の旅行計画:ボラカイ(フィリピン)へ移住の下見に行きたい!

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る