今日は、オーストラリアのワーキングホリデーについて話している時によく聞かれる「キャラバンパーク」について、過去に10箇所以上のキャラバンパークを泊まり回った私が存分に語っちゃうよ!

かなり長くなるかもしれないけど、ワーキングホリデーを計画中の人、ワーホリを始めたばかりで不安な人、本格的なオーストラリアを旅行を計画している人は、参考に読んでみてね。

スポンサードリンク

キャラバンパークってなに?

私もオーストラリアに行く前はキャラバンパークってなんぞ???状態。
何それ、遊園地? ラクダとかいるの?(キャラバンってきくと砂漠でラクダ引き連れて歩いてる人達が思い浮かぶんで)

いえいえ、ラクダは一頭もいないし、人も隊列組んでないし、ジェットコースターとかコーヒーカップもないです!

キャラバンパークの正体は、日本で言うキャンプ場。

日本だとテントを張ったり、ロッジを借りて泊まるのが普通だけど、オーストラリアの場合は大きなキャンピングカーで旅行する人達がいっぱい。

なのでキャンピングカー用の駐車&宿泊施設って言った方が正確かもしれない。

 

トイレやシャワー、台所まで完備しているキャンピングカーは、水の補給や汚水処理や電気の充電が必要になるよね。

キャラバンパークならその辺のことが容易にできるようになっているんだ。

 

なんだ、じゃあキャンピングカー持ってない人には関係ない場所なんだね。っていうのは早とちり!

 

キャラバンパークは普通の車で行ってももちろんOK!

キャンピングカーじゃないとお断り!なんてキャラバンパークは無いから、遠距離移動途中の夜は、ホテルではなくキャラバンパークに泊まることで、かなり節約することができるよ。

ちなみにオーストラリアは、その辺に適当に車を停めて車中泊をする行為は禁止されているから、路駐でもっと節約しようなんて考えは辞めようね。

違法に車中泊しているのを警察に見つかったら、注意を受けて、身分証とかチェックされて、移民局に照合問い合わせとかされて、キャラバンパークとかに行きなさい!って言われちゃう。
逮捕とかは無いだろうけど、その辺で車中泊しちゃうのは治安の面から見てもやるべきじゃないよ、例え体格のいい男性でもね。

でも結局、車がない人には関係ない施設なんだね? っていうのはまたまた先走り過ぎ!

 

車がなくてもキャラバンパークは泊まれる!

キャラバンパークにはキャビンや備え付けのキャラバン(車で牽引するタイプのキャンピングカー)もあるし、持参したテントを貼るスペースだってある。

乗用車で行って、泊まるのはキャビン使用っていうパターンもあれば、友達に同乗してきたりバスで訪れたり、徒歩で訪れて泊まるのだってもちろんアリ!

キャビンやキャラバンのラインナップはキャラバンパークによって様々。

どれくらいの広さでどんな内装になっているのかは、受付で聞けば一通り案内してくれるから遠慮せずに見せてもらおう。

 

 

キャラバンパークの種類

まず知っておきたいのが、キャラバンパークには2タイプあるということ。

ひとつは観光客向けのキャラバンパーク

これはファミリーやカップルが旅行中に1泊〜7泊程度するのに使うもので、観光地に欠かせないものになっている。

観光客向けのキャラバンパークの多くはBIG4とかTop Touristっていうチェーンに加盟していて(看板に書いてある)、プールがある所もあったり、キッチンやシャワー等の施設が充実していて、清掃も行き届いている。

その分、価格が高いし、ファームで働いているような汚い格好で行くと「うちはそういう所じゃない」と軽くあしらわれてしまう場合もある。

もうひとつが季節労働者向けのキャラバンパーク

こちらは季節に合わせて移動しながら農家で働く人々のためのキャラバンパークで、多くの宿泊者はその農作物のシーズン中、数ヶ月間に渡って滞在する。もちろん一般の旅行客も宿泊可能。

観光客向けのものと比べると設備や清掃管理が劣ってしまうが、その分、長期滞在に優しい価格で泊まることができるところが多い。

よってワーキングホリデーでファーム労働をする場合はこちらを利用することが多くなるだろう。

ただしそのエリアの農作物の収穫期にはワーキングホリデーの人達だけじゃなく、オーストラリア人の季節労働者や、移民の労働者も一斉に仕事を探してやってくるので満室になってしまうことも多々。
収穫期の少し前に行くか、事前に電話で空室状況を聞いてから訪れるようにしよう。

この2種類のキャラバンパークの見分け方はとても簡単で、入り口で「地味だ」「ちょっと汚いかも」と思ったら後者、「ちょっと高そう」「可愛らしいキャビン」と思ったら前者の観光客向けだ。(町にキャラバンパークそのものが少ない場所は、その両方を兼ねているキャラバンパークもある)

キャラバンパークの料金は?

そのエリアによっても値段は大きくことなってくる。

ゴールドコースト周辺のキャラバンパークなら高額だし、周りに何もないような内陸部のキャラバンパークは当然安い。

また自分が泊まるサイト(キャンピングカーなのか、キャビンなのか、テントなのか等)によっても異なってくるし、その設備によっても異なる。

以下は1泊の目安(サイト単位の料金なので、複数人で泊まるほうがお得)

観光客向けキャラバンパークの場合:

車の駐車宿泊・またはそこにテント設営(電源あり):35ドル前後
車の駐車宿泊・またはそこにテント設営(電源なし):25ドル前後
キャビン(部屋数によりだいぶ違う):50〜400ドル
キャラバン(ランクにより違う):40〜200ドル

労働者向けキャラバンパークの場合:

車の駐車宿泊・またはそこにテント設営(電源あり):25ドル前後
車の駐車宿泊・またはそこにテント設営(電源なし):15ドル前後
キャビン(部屋数によりだいぶ違う):30〜200ドル
キャラバン(ランクにより違う):30〜200ドル

ちなみに「電源あり」はPowered Site(パワード・サイト)と呼ばれ、サイト内にコンセントがあるサイト。
上記宿泊料で使い放題のところもあれば、別途電気使用量に応じて電気代を請求されるところもあるので事前に確認しよう。(電気代が請求される場合は、多く使った場合でも1周間に25ドル程度が目安。)

反対に「電源なし」はUnpowered Site(アンパワード・サイト)。
どちらも広さは大型車が2〜3台泊まれるくらいのスペースだ。

キャンピングカーの場合は電源が必須になるのでパワード・サイト一択だろう。

またキャンピングカーではない場合も、暖房器具や高電力を必要とする電気機器がある場合にはコチラがオススメ。

でもスマホの充電程度の使用ならキッチンや更衣室のコンセントを拝借すればOK!
ただし盗難されても文句は言えないので、絶対に目を離さないように!

またキャビンは、ドミトリータイプになっていて2段ベッドがあり複数人で一部屋を使用するようなものもあれば、普通の家と変わらない2LDKほどのもの、ジャグジーやプライベートプールが付いたもっと広いゴージャスなもの等もあり価格はピンきりだ。

同様にキャラバンも、キャラバン内にシングルベッドとテレビとテーブルくらいしかないシンプルなものから、冷暖房付き、キッチン付き、トイレ付き、と設備ランクも様々で、1人用〜4人用まであるのでこちらもピンきり。

一見高そうに見えるキャビンやキャラバンも、複数人で宿泊するならこちらのほうが安くなる場合が多いので、最初から候補から除外してしまわずに、じっくり比較検討しよう。

長期で宿泊する場合には割引をしてくれるのが一般的だ。
ほとんどのキャラバンパークはWeekly Rate(ウィークリー・レート)週料金を予め用意していて、だいたい1週間泊まったら1泊分以上がお得になる値段設定になっている。

季節労働者向けのキャラバンパークであればMonthly Rate(マンスリー・レート)を用意しているところもある。

ただ、季節労働は名前の通り季節によって変動するので、そのエリアの仕事がいつ終わるのか先が見えない。

1ヶ月分払ったが翌週には仕事が無くなってしまった・・・なんてことになるかもしれないので、マンスリーで支払うのはあまりオススメしない。

これは余談だが、万一いくら滞在していても仕事が決まらない!宿泊費だけが悲しく消えていく!という状況だと「キャラバンパーク内の掃除手伝いを○日以上してくれれば1週間タダで泊めてあげるよ」という優しいオーナーのキャラバンパークもある。
もうこれはオーナーさん次第なので、これを当てにしてはいけないが、本当に困ったときに相談できるように、日頃からオーナーさんとは仲良く・礼儀よくしておこう!

キャラバンパークには永住者もいる!

キャラバンパークの中のキャビンは通常の不動産と同様に売買されていることもある。

そのため立地のいいキャラバンパークにはキャビンを購入して普通に生活している人も存在する。

こうした方たちは旅行者と話すのが好きな人が多いので、出会ったら挨拶して仲良くなっておこう。

その土地の色んな情報を得られるかもしれないし、たくさん野菜やフルーツが手に入った時にはおすそ分けしてくれるかもしれない。

 

キャラバンパークのメリット・デメリット

キャラバンパークは多くの旅行者や労働者の交流の場でもある。

その土地の観光情報はもちろん、ファームの仕事情報を持っているキャラバンパークもあれば、仕事の斡旋まで行ってくれるというキャラバンパークもある。(斡旋料や送迎代が別途必要な所が多く、割に合わないので斡旋の使用はオススメしないが)

寝泊まりはプライベートスペースになるが、キッチンやシャワー室などは共有スペースなので、自然と顔見知りが出来やすい。

新たな土地でのスタートを切る時にはオススメのアコモデーション(宿泊施設)だ。

普通の賃貸物件に誰かとルームシェアして生活する、という手段もワーホリ中によく行われるが、都心部の生活ならいざしらず、田舎でファームジョブに就く間はオススメしない。

一般賃貸のルームシェアではキャラバンパークほど簡単には入居と退居を繰り返せない。
数日泊まって「仕事がないので出ていきます」なんて言ったら他のルームメイトにも迷惑になる。

それが出来るのがキャラバンパークの魅力だ。

ただしデメリットとしてあげられるのが、冬場のトイレとシャワーと夏場の虫。

キャンプ場なので、トイレもシャワーも外の掘っ立て小屋みたいな簡易建造物になっている。

冬場ともなると便座はキンキンだし、シャワー上がりの脱衣所で凍えそうになるので入浴をためらってしまう。
男女問わず、トイレまで行くのが苦痛で野ションしていますっていう話もよく耳にするくらいだ。

夏は夏で、場所にもよるが虫の発生が多いので、虫は絶対無理!って人は少々厳しい環境かもしれない。
オーストラリアは世界的に見ても毒を持った生物の宝庫なので、クモやアリであっても気が抜けない。

キャラバンパークの設備いろいろ

色んなキャラバンパークに泊まって思ったことは、本当にキャラバンパークによって全く住み心地が異なるということだ。

「あ〜ここなら一生暮らしても良いかも!」と思える場所も有れば、「もう明日には出よう」と思う場所もある。

シャワー

オーストラリは国全体としてみても水源が少ないためか、はたまたインフラが整備されていないのか、一般家庭にも貯水槽があるのが普通で、キッチンやシャワーで使用する水はこのタンクの水を大事に使っている。

キャラバンパークも同様で貯水槽の水を使用しており、減ってくると補給車を呼んで入れてもらわなければならない。

そういった理由から、シャワーが有料になっているキャラバンパークも珍しくない。

5分で25セントくらいなので大した額ではないのだが、長期で滞在する場合には結構な痛手になってくるし、常に小銭を用意していなければならないというストレスもあるので、出来れば無料のところを選びたいところだ。

またシャワーの個室もキャラバンパークによって様々で、カーテンがあるだけの所もあれば、しっかり鍵がかかり、中にも棚が用意されていて快適なところもある。

そして重要なのがシャワーの水圧だろう。

海外でよくありがちなチョロチョロシャワーは本当に洗うのが大変だし風邪を引くので、泊まる前に案内してもらえるなら水圧チェックもしたいところだ。

Wi-Fiスポット

スマホやタブレット、ノートPCを携帯して旅行する人は多いだろう。
そこでやっぱり気になるのがインターネット環境。

オーストラリアは驚くほどにネット環境が悪い。
先進国とは思えないくらいのインフラの悪さ。
多分土地が広すぎて間に合わないのだろうけど、未だにTVコマーシャルとかでADSLが最高!って感じでやってるので光回線の普及なんてまだまだ先だろう。

それでもキャラバンパークの多くは、頑張ってWi-Fiスポットを用意してくれている。(それでも繋がる範囲はごく一部の受付周辺のみ。スポットが無い所も多々)

パスワードを1週間分購入するタイプや、有料で時間制限があるタイプもあれば、完全に無料なところもある。

ネットに依存度が高い人であれば真っ先にチェックしたい項目だろう。

冷蔵庫

キャビンやキャラバンにはほぼ冷蔵庫は備え付けられているので問題ないが、テントサイトに宿泊の場合は当然ながら無い。

それでもキャラバンパークによっては共有で利用できる冷蔵庫をキッチンスペースに用意してくれている所があるので、テントサイト利用を考えているならば冷蔵庫があるキャラバンパークを利用しよう。

無いと飲み物も保存のきくものしか選べないし、冷凍食品も冷蔵食品も何も買えないし、真夏の熱い時期に生ぬるい水を飲むハメになる。

冷蔵庫に加えて冷凍庫もあれば夏場のファームジョブに凍った飲み物を持参できるので至福の休憩タイムとなる。

周辺の環境

車を持っている人ならばあまり気にする必要もないが、別の交通機関や徒歩で来る場合は、キャラバンパークの周辺にスーパーマーケットがあるかどうかは事前にしっかりチェックしておこう。

中には徒歩1時間圏内には何もないという場所もある。

こういったキャラバンパークの場合は受付が簡易スーパーになっていて最小限のものは手に入る場合もあるが、日々の生活にはやはり足りないものが沢山出てきてしまう。

その都度ヒッチハイクをする人や、その都度友達にお願いしたり、数ドル払って同乗させてもらったりする人もいるが、自由に買い物出来ないというのはかなり生活に支障を来すので、可能な限りスーパーに近いキャラバンパークを探そう。

だが「ファームに近い=町から離れている」となってしまうので、どうしても遠いキャラバンパークしか無い場合は、予め買い物の同行をお願いできそうな人がいそうかどうか客層をチェックしておこう。

自分と同じようなワーキングホリデーの人達が沢山いるようであれば(20代の若者たち)、みんなその辺の事情は察してくれるので協力してくれるだろう。

とにかく楽しいキャラバンパーク

トータルで1年間ほど10箇所以上のキャラバンパークで生活してきたけど、今でもふとした瞬間に「またあの生活をしたい」と思っちゃう。

時には異国のワーホリメーカー(ワーホリの人)のマナーの悪さや下品さに辟易する場面にも遭遇しますが、満点の星空、毎日見える流れ星、キャンプファイヤー等の非日常的空間で過ごせるのはキャラバンパークならでは。

オーストラリアにワーキングホリデーに行く人、長期で旅行する人は是非体験してみて欲しいアコモデーションです。

最近では旅行者向けにバンをキャンピングカーの様に改造したものをレンタルしてくれるところもあるから探してみてね!

世界を旅行しながら月収1000万円!

◆無料メルマガ登録であなたもその技を手に入れよう!
今ならメルマガ登録だけで、特典ツールがいっぱい貰えちゃうよ☆

[ 無料メルマガ登録はこちら ]


スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このブログの管理人

海外留学(米国)、ワーキングホリデー(豪)、バックパッカー(東南アジア)、ツアー添乗員(国内)などの経験を色々経てきた結果、長期旅行じゃないと物足りなくなり、定期的に旅行のために会社を辞めるのがデフォルトのライフスタイルになりつつあります。

とは言え、そんなにしょっちゅう無職になる訳にもいかないので、時間を見つけては妄想全開で旅行プランを練るのが趣味です。
(「終日フリープランを考える会」会長)

次の旅行計画:ボラカイ(フィリピン)へ移住の下見に行きたい!

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る